家族4人食費の節約

節約術

ズボラ主婦の4人家族の食費節約方法

この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは!ゆっきーです^^

お家時間が増えた期間で節約生活を始めた我が家。

3ヶ月で金欠世活を脱出することができました。

お家時間で我が家は逆に出費が増えちゃったけど…
3ヶ月で変わるの?!いいなぁ!!

まず最初に私が始めたのが現状の把握。つまり、家計簿をつけることです。

過去に何度もトライしたものの数週間で挫折した経験を活かして、今回は「手抜き家計簿」にシフトチェンジすることにしました。

少しの工夫で、家計簿を継続することも楽しみながら貯金することもできました。

私が家計簿が続いた理由はこちらからご覧ください。

「面倒」って記事の中で何回書いたかな…苦笑

家計簿を書いてみると明確になった我が家の家計。

何に無駄使いしているのかというと、食費と交際費を始めとするぜいたく費。

そこで、今回は私が実際に実践してうまくいった食費削減のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

食費はなぜ増えるのか?

削減の前に、なぜ食費がかさんでしまうのかを考えてみたいと思います。

ついつい不要なものまで買っちゃうんだよね…
食費がかさむ原因
    • 買い物に行くとついつい買いすぎてしまう。
    • なだめるために子どものお菓子を買うことがある。
    • 料理が面倒になると、レトルトを多用してしまう。
    • コンビニによく行く。
    • 主人が晩酌のおつまみをほぼ毎日買ってくる。
書き出すと改めて自分のズボラさを感じる…

出した項目から考えられる貯金できない原因の一つは、計画性のなさ。

子どもがぐずったときにお菓子でなだめてしまったり、夕食作りが面倒な時に総菜を買ったりレトルトを買ったりという計画性のない出費が家計を苦しめていることが分かりました。

1回あたりが数百円でも、月間にすると約5000円ほど。この出費が抑えられれば、貯金に繋がりそう。

そう考えた私は、どうすれば計画性のない出費を減らせるかの対策を考えました。

生活費節約のポイント

私が実践してうまくいった方法をまとめしました。

日々の生活費(食費+生活必需品)は月初に決まった額を引き出しておく

今までは必要な額を必要なタイミングで引き出して使っていたのですが、それでは合計でどれくらいお金を使っているのかがよく分かっていませんでした。

ですので、月初に生活費として食費と生活必需品の購入のためのお金を一気に引き出して封筒に入れておき、そのお金でやりくりする。という方法に変えてみました。

最初の月は、月末にカツカツになりすぎて、危うく1週間もやし生活になりかけましたが、2か月目から計画性をもってやりくりできるようになりました。

 

あとどれくらい残っているのか。が目で見てわかるのは、家計のやりくりには重要なポイントですね!

重要なのは、突発的に必要なイベント費や教育費はここに含めないこと。

それを含めてしまうと、何にいくら使ったのかがあやふやになるので、「今月はイベントで使ったから、補填が必要。」と新たに引き出してしまいかねません。

ですので、我が家では、生活費とそれ以外で財布は分けるようにして、生活費の支出を固定するようにしました。

自然とお金を使わないようになったよ。

スーパーに行くのは週に2回まで

スーパーに行くのは週1

次に変えたのは、買い出しに行く頻度。

特に買うものがなくてもスーパーに行くと「何か」を買ってしまいがちなので、スーパーに行くのは週に1回。どうしても不足がある時だけもう1回という2回までというルールを作りました。

コンビニは割高なことが多いので、「行かない」という決断をしました。

コンビニスイーツが好きなので、最初はかなり我慢でした(苦笑)

週に1回しか行かないということは、1週間分の食材を買いだす必要があるということ。

ですので、あらかじめ1週間分のメニューと必要な食材を書き出してから買い出しに行くようにしました。

ストイックにやったんだね!
私も最初はそう思ったんだけど、買うものを決めてからいくことで食材を無駄にすることが減ったよ。

家の食材の補充のために頻繁に買い出しに行っていた頃は、その時に食べたいと思うものを買っていたので消費期限内に食べきれずに無駄にしてしまうこともあったのですが、1週間分のメニューを決めて買いに行くようにしたことで、賞味期限内に食べきれるようになり結果として節約に繋がりました。

夕食作りの時間を変える

夕食づくりの時間

3つ目は、私と同じように面倒がりのママにはぜひおススメしたいのですが「夕食作りの時間を変えること」です。

これまで、主人が飲み会で帰りが遅いときや、夕食作りが面倒になったときはついついレトルトに頼ってしまったり、コンビニでお弁当やパンを買ったりしていたのですがこれも月間トータルにすると1万円近くの支出になっていました。

夕食作りを日中の空いた時間にしてしまえば、夕食作りが面倒になることも減るし、レトルト食品のお世話になる機会も減ると考え、日中の子どもがお昼寝をしている時間に夕食作りをするようにしました。

そうしたことで、外食する機会が多かったのが自炊メインとなり、支出を2/3程度に抑えることができました。

節約生活2か月目から取り入れた一人買い出し

節約生活を始めて間もないころは、「途中で挫折しない」というのが一つの目標でした。

なので、できるだけ大きな変化は加えず、出来ることから始めることにしました。

節約生活に慣れてきた2か月目に、トライしたのは一人買い出し。

「買い出しに行く時間」をこれまでは家族で一緒に休日にしていたのですが、平日に1人で昼食を食べた後に買いだしに行くというサイクルにしてみました。その理由は、家族で行くことで、余分なものまで買ってしまいがちになることと、空腹時に買い出しに行くとついつい買う量が増えてしまうということに気づいたからです。

子どもが余分にお菓子をねだってきたり、夫が少し高級なお刺身を持ってきたり、小腹が空いた時用のアイスクリームを買ってしまったり、余分な出費がある時は「家族での買い物」「空腹時の買い物」のどちらかである場合が多かったので思い切って切り替えました。

無駄な買い物が減ったよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は一番出費がかさんでいた食費を削減した方法をご紹介しました。

我が家の1ヶ月の食費は5万円ほどだったのが、約3万5000円に抑えることに成功しました。

一番大きかったのはちょこちょこ買いを減らしたこと。買い物の頻度を下げてまとめ買いをするようになったことで必要以上に買わなくなったことと食材を最後まで使い切るようになり、結果として食費の削減に繋がりました。

やればできるんだ!って思ったよ。

家計の大部分を占める食費。

その食費で余裕を出せるようになった私は、もっと削れるところがあるんじゃないかと節約志向が強くなりました。

次は、食費ともう一つ我が家の家計を苦しめていたイベントや外食費などのぜいたく費を削減したポイントをお話します。

節約もアイデア次第で楽しみながら家族で取り組むことができます。

節約でもう一つ大事なアイテムはクレジットカード!

どれだけ現金で節約していても、その分クレジットカードを使っていたら、節約とはいいがたいですよね。

賢いクレジットカードの使い方とは?も併せてお話しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人:ゆっきー
ブログのよみもの.com の管理人ゆっきー

関西在住2児の主婦。おうち時間を楽しめる情報を発信していきます!

ママ友から「ゆっきーがおすすめするものは間違いない!」とのお墨付きをいただいたので、ブログを始めました。

今日も4歳2歳の子どもたちを横目に気ままにブログ執筆しています( ..)φ

人気の記事
  1. 家計の節約固定費の見直し
  2. ズボラ主婦の家計簿の付け方
  3. 家族4人食費の節約
  1. ミキ亜生は大学で微生物を研究?!サラリーマン経験もあるの?

    芸人Wiki

    ミキ亜生は大学で微生物を研究?!サラリーマン経験もあるの?
  2. Zoomの初期設定

    コミュニケーション

    Zoomでママ会|iPhoneでのZoom初期設定の方法
  3. Zoom画面

    コミュニケーション

    Zoomのかしこい使い方|こんなことも無料でできちゃうの?!
  4. 4人家族、一戸建ての光熱費の平均とは?我が家は使い過ぎ?

    節約術

    4人家族、一戸建ての光熱費の平均とは?我が家は使い過ぎ?
  5. こどものおもちゃ、節約と断捨離どっちも叶えちゃおう!

    節約術

    子どものおもちゃ、節約と断捨離どっちも叶えちゃおう!
PAGE TOP